Homeイベント八雲が丘賞

八雲が丘賞

この賞は桜修館の生徒たちの優秀な部活動や課外活動に対して、同じ八雲が丘に学んだ都立大附属高校の同窓会から、毎年9月に開催される記念祭の閉祭式で表彰状と記念品代を贈呈しています。八雲が丘賞は2013年に始まり、2017年までに5つの団体が表彰されています。

第1回 日本文化部・茶道部門

sample
リーダーの真島芽生さんは「静寂を楽しむといのが茶道なので、どうやって静寂を引き立てさせるのか、そこがすごく難しいと思います」と茶道の奥の深さを語ってくれました。

第2回 フィールドワーク部

sample
フィールドワーク部に入った動機を聞いてみると「いろいろな所へ行って見学するのが楽しそうだった」「落ち葉掃きをしているという活動に心ひかれた」などの答えが返ってきました。

第3回 写真部

sample
「良い写真を撮影する相手と良い関係を築くことが大切だと思うようになった」「前期と後期の生徒が一緒に活動するので、年齢の離れた人同士で交流できることが楽しい」

第4回 美術部

sample
部活動の楽しいところは「考えているを形に表すこと」と「みんなで一つの作品を作ることを形に表すこと」と「みんなで一つの作品を作ること」。美術部員のことばです。

第5回 科学部

sample
ビオトープの整備。ビオトープとは、生物の生息空間を示すドイツ語。ある生物群が安定的に生息することのできる地理的な単位を意味し、生態系の構成要素ということもできます。

「八雲が丘賞」規定

     
  • 1.趣旨:この賞は、東京都立桜修館中等教育学校の生徒による優れた部活動、課外活動に対して、東京都立大学附属高等学校同窓会同窓会から贈られるものです。
  •  
  • 2.賞と対象期間:賞の対象期間は、4月から次年3月までの1年間とし、「優秀賞」および「奨励賞」の二つを設定します。2年以上にわたって顕著な実績を上げた活動に対して「対象」を贈ることがあります。賞は、記念品または同等金額の活動費支援とします。
  •  
  • 3.基準:賞の選考基準は以下によります。
  •   @年間を通じて継続的に活動を展開し、十分な実績を上げたもの
      A前年度に比して活動の内容に顕著な成績を上げたもの
      B対外試合、コンクールなどで優秀な成績を上げたもの
      Cその他桜修館生徒にふさわしい優れた活動を行ったもの
     
  • 4.選考:対象となる活動について桜修館中等教育学校の推薦をうけ、都立大学附属高等学校同窓会理事会において決定します。
  •  
  • 5.質の贈呈:前年度の受賞稼働に対し、原則といて次年度記念祭の期間中に表彰し、賞の贈呈を行います。
      付記:この規定は、平成25年4月1日より施行します。ただし、賞の大将機関を平成24年度に遡って実施します。
  •  
ページトップへ

東京都立大附属高等高校同窓会 MENU

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com  Created by ez-HTML
Copyright (C) The Graduates' Association of Senior High School affiliated to Tokyo Metropolitan University, All rights reserved.